スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014春のみそまん学会研修会・2 


伊那食品工業さんのR&Dセンター内の研修会場での講習風景。

まずは基礎の基礎、寒天学から。
寒天の強度、粘度、融点、凝固点、分子量などの特長と形態をわかりやすく学びます。その後も伊那寒天製品とそれを使ったお菓子の製法を試食を交えてたっぷり受講。

DSC_0237.jpg
寒天を使った焼き菓子のサンプルが試食で提供されました。乾燥を防ぎ保湿性などがアップするそうです。

DSC_0238.jpg
講習内容のポイントはスライドで要約されて直感的に理解できたので、とてもわかりやすかったですね。

DSC_0242.jpg
こちらはオレンジゼリーのサンプル。寒天、ゼラチン、寒天製剤と3タイプの凝固力とその食感を確かめるためのゼリーのテイスティング。

DSC_0241.jpg
すべて同じオレンジジュースを固めたものなので味ではなく、凝固剤の違い、食感、口どけ、のどごしの感覚を研ぎ澄ませて、どの凝固剤を使っているのか当てていきます。試食する表情も真剣そのもの。

さすが日本トップの寒天メーカーでの講習レクチャー。はやりのお菓子も取りまれていて目からウロコの一日でした。
このノウハウをしっかり身につけて毎日の和菓子作りに生かしていきたいと思います。

伊那食品工業様、ありがとうございました。


スポンサーサイト

2014春のみそまん学会研修会・1 


今回の研修先はかんてんぱぱでお馴染みの伊那食品工業さん。寒天の国内市場のシェアは約80%、世界でも15%である超優良企業です。
長野県伊那市の本社まで足を運びました。夏の和菓子を中心に研究棟R&Dセンターで寒天と寒天製剤を使った講習会を受講しました。


最初は寒天の強度、粘度、融点、凝固点、分子量などの特長と形態をわかりやすく学びます。その後も伊那寒天製品とそれを使ったお菓子の製法を試食を交えてたっぷり受講。
わかりやすいレクチャーは、さすが日本でトップの寒天メーカーでの講習。目からウロコの一日でした。このノウハウをしっかり身につけて毎日の和菓子作りに生かしていきたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。