スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌まんじゅうの町 焼津  

2・焼津みそまん学会

この学会は焼津らしい独創的な和菓子作りと販売を目的に、市内の和菓子店10店舗が参加している和菓子の研究会です。
当学会では毎月定例会を開き、和菓子の共同研究、開発、企画、商品化を全員で行い、各店舗に持ち帰って製造、販売するという方法をとっています。
また2年に1度の有名店視察や和菓子講師を招いての実技講習会も開催して、会員の和菓子販売術や製造技術を向上させる催しも行っています。

是非10個の「みそまん」の食べ比べをしてみて下さい。
新作和菓子を販売する時は、新聞折込みチラシなどを通じてお客様に告知し、期間限定セールで販売をしています。
新作で売り出す和菓子は、主要原材料と名称(ブランド名)・メインレシピなどを統一し、副材料で各個店の個性を出して販売するユニークなシステムを用いて商品開発をおこなっていますので、同じ商品名でも味や見た目が異なります。

前身団体だった「菓子深層水学会」の頃の活動も含めて紹介しますと、今までには、駿河湾海洋深層水を使った水羊羹『波のしずく』や『味噌饅頭』を皆で開発し販売してきました。特に「焼津みなとまつり」では、9店舗(※1)が各店自慢の味噌饅頭を1個ずつ持ち寄り、1箱に詰め合わせしたオリジナル折箱 『駿河湾深層水の味噌饅頭』 を限定販売して、たいへん好評でした。

和菓子の良さは季節に合わせた御菓子が売り出され、季節感を感じることができるところです。また和菓子は自然の恵みをたっぷり受けた豆類や穀類が主原材料ですので食物性たんぱく質や食物繊維といった栄養素を多く含む健康的な食物です。
学会メンバーは皆様に美味しく召しあがって頂ける和菓子を作り続けます。
今後ともよろしくお願い致します。


※1 焼津菓子深層水学会は9店舗で発足した。

関連記事

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://yaizumisoman.blog.fc2.com/tb.php/39-7f2a94d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。